院長あいさつ

高松平和病院 院長蓮井宏樹

高松平和病院 院長
蓮井宏樹

高松平和病院は1949年12月1日に職員3人で診療所を開設して以来、1953年からは社会保障制度を改善する運動を進めるために全日本民主医療機関連合会(民医連)に加盟し、働く人たちの医療機関として診療を行ってきました。

また、1980年に医療生活協同組合となってからは、非営利・協同の組織として地域の組合さんと一緒に、健康づくり・明るく安心して暮らせるまちづくりのための様々な活動を行っています。これからも「医療生協の基本理念と行動指針」に基づく活動を通して職員ひとりひとりが信頼される医療人として成長し、「医療生協の患者の権利章典」を実践し「いつでも、どこでも、だれでも」安心して医療が受けられるよう、患者を中心とした医療の実現をめざして努力していきます。

そして患者・組合員・地域の方々と協力しあって、健康で笑顔あるまちづくりに積極的に貢献していきます。 病院の医療内容や活動・行事などをホームページを利用して地域のみなさまにお知らせしております。

是非、率直なご意見をお寄せください。

高松平和病院 院長 蓮井宏樹