NSTニュースNO.41 出張学習会にいってきました!

地域連携の一環として、NSTスタッフが施設などに出向き学習会を開催してきました。

201410-3

今回、高松さんさん荘さんに6月と7月の2回に分けて学習会に行きました。

6月は「褥瘡」をテーマに吉原看護師が、7月は「嚥下・口腔ケア」をテーマに言語聴覚士浅野と歯科衛生士 中島が講義をさせていただきました。

学習会をするにあたり、施設のスタッフさんがどのくらい知識を持っていて、どのような事で困っているのか分からない状況の中、資料を作りましたが、やはり講義だけでは一方的になってしまいました。

講義が終わり、少し時間があったので、入所されている患者様のところに行かせていただきました。簡単の評価や姿勢・トロミについてアドバイスをさせていただきましたが、やはり現場では困っていることが多い様子でした。施設の中でも、トロミや姿勢について学習会をしたとのことでしたが、統一する事が難しい様子でした。

また、なぜこの姿勢にする方がよいのか?なぜトロミをつける方がよいのか?など、知識的な部分でもスタッフ間の差がある様子でした。

201410-4

今回、実際に施設入所されている方を見させていただいて、私自身とても考えさせられました。医療機関から施設へ退院される時に、文章ばかりの紹介状ではなく患者様に合わせて、病院で行っていることを施設でも統一して、継続してできるように、作成する必要があると思いました。今後もこのような機会があれば参加し、患者様がシームレスなケアを受け続けられるようにしていきたいと思いました。

リハビリテーション科 言語聴覚士 浅野

タイトルとURLをコピーしました