新型コロナウイルス感染者の発生及び病院機能の制限について(第7報)

2022年7月25日に当院の入院患者様より新型コロナウイルス陽性が判明し、接触者(患者様・職員)への検査を実施しております。2022年8月4日19:00現在で合計30名(患者様18名・職員12名)の新型コロナウイルスの感染が確認されました。

重ねて患者様、ご家族様、地域の皆様、関係者の皆様にはご心配とご迷惑をおかけし心よりお詫び申し上げます。

継続して感染が判明した入院患者様及び職員の接触者に対して順次検査を実施し感染拡大防止のため全力で対応にあたっておりますが、その中で部分的に一般外来診療を8/9(火)より再開できる見通しとなりましたのでご報告申し上げます。尚、制限が継続する項目があり、詳しくは以下をご参照下さい。

今後も引き続き感染経路の調査を実施し、患者様と職員の健康管理を行い、職員一丸となって感染拡大の防止に努めてまいりますので、ご理解・ご協力のほどよろしくお願い 申し上げます。

■制限していない医療提供
1)外来診療(予約患者様のみ) 内科・整形外科・乳腺外来
2)外来リハビリ
3)高松市特定健康診査(~10月まで)
4)緩和ケア外来及び緩和ケア病棟の入院。

■一部制限をして実施(予定)
1)一般外来診療(予約が無い患者様) ※2022年8月9日(火)より
(但し、発熱・風邪症状のある方の診療及び入院が必要となる可能性がある場合など、引き続き、入院受入停止しているため診療中止を継続します)

■全面的に制限をしている医療提供(2022年7月29日より当面の間)
1)胃カメラを伴う健康診断は中止します。
2)内視鏡検査全般についても、当面の間中止とします。
3)一般病棟への新規入院受け入れは中止とします。
4)救急車の受け入れも中止とします。
5)手術についても8/19まで停止します。
6)発熱外来も、現時点では8/13(土)までは受け入れを停止します。

2022年8月5日
高松平和病院
院長 原田 真吾

タイトルとURLをコピーしました