新型コロナウイルス感染者の発生及び病院機能の制限について(第3報)

第2報でもお知らせ致しましたが、2022年7月25日に当院の入院患者様より新型コロナウイルス陽性が判明し、その後、接触者(患者様・職員)への検査行った結果、2022年7月31日までに合計21名(患者様13名・職員8名)のコロナ感染が確認されました。あらためて患者様、ご家族様、地域の皆様、関係者の皆様にはご心配とご迷惑をおかけし心よりお詫び申し上げます。

引き続き、感染が判明した入院患者様及び職員の接触者に対して順次検査を実施し感染拡大防止のため全力で対応にあたっております。しかしながら診療体制が厳しくなっており各種医療提供の継続が困難となっており、当面の間以下の対応とさせて頂きます。

今後も引き続き感染経路の調査を実施し、患者様と職員の健康管理を行い、職員一丸となって感染拡大の防止に万全を期してまいりますので、ご理解・ご協力のほどよろしくお願い 申し上げます。

■2022年7月29日より当面の間 (第2報との変更はありません)
1)外来診療は、予約患者様のみとさせて頂きます。(一般外来は中止)
2)胃カメラを伴う検健康診断は中止します。高松市特定健診は実施します。
3)一般病棟への新規入院受け入れは中止とします。
4)救急車の受け入れも中止とします。
5)手術についても8/19まで一旦停止します。

2022年8月1日
高松平和病院
院長 原田 真吾

タイトルとURLをコピーしました