緩和ケア病棟での褥瘡対策

緩和ケア病棟に入院される方の多くが病気のため食事が十分に食べられず痩せやむくみがあったり、しんどさの為あまり動く事が出来ず褥瘡(床ずれ)が出来やすい状態にあります。

02-1

そのため当院では患者様の状態に応じて褥瘡が出来やすい部分に透明フィルム剤を貼った り、体の向きをかえたり、エアマットを導入したりして褥瘡予防に努めています。 それでも褥瘡が出来てしまうことがあります。その時は、まずは褥瘡を治す事を目標にケアを行います。ただ、緩和ケア病棟の患者様には、処置の為にいくらかの時間を横向きで過ごす事さえ辛いと感じる方もいらっしゃいます。また痩せなど原因となる因子を改善出来ない場合がほとんどです。その場合には治す事よりも、感染予防と創による痛みや臭いによる苦痛を軽減することを目標とし、創を治す事にベストな方法よりも処置に伴う苦痛や時間を最小限にできる方法を選択します。創の状態だけでなく患者様の状態も含めてケアを選択しています。

タイトルとURLをコピーしました